二条城 二の丸御殿二条城は、上洛の際の宿泊所として、徳川家康によって造営された城です。

慶長7年(1602)に着工され、翌年の2月12日、伏見城にて将軍宣下を受け、征夷大将軍に任じられた家康は、同年3月12日、二条城に入ります。同月25日、御所に出仕した家康は、将軍就任の挨拶を行い、同月27日、二条城で将軍就任の祝宴の儀を開きました。

慶長16年(1611)大阪の役の要因ともいわれる、家康と豊臣秀頼の会見が行われています。

寛永元年(1624)3代将軍の家光により、廃城となっていた伏見城の遺構を移すなどの増築が行われます。寛永3年(1626)後水尾(ごみずのお)天皇が二条城へ行幸されており、増築はこの行幸のためだったと考えられています。
寛永11年(1634)家光が上洛しますが、将軍による上洛は、これを機に中絶します。

米国の開国要求により、幕府は朝廷との連携の必要性が高まり、家光の上洛から229年ぶりとなる、文久3年(1863)、14代将軍の家茂が上洛します。
慶応2年(1866)慶喜が二条城にて将軍宣下を受けますが、翌年、慶喜は朝廷に大政(政権)を返上し、最後の将軍となります。

慶応3年(1868)12月9日、朝廷は王政復古の大号令を発して、天皇による新政府の樹立を宣言します。慶喜には、内大臣の辞職と幕府領の返上(辞官納地)が命じられたため、これに反発した旧幕府軍は、京都へ向けて挙兵します。翌年1月3日、新政府軍と戦闘になり、戊辰戦争の緒戦となる「鳥羽・伏見の戦い」が起こります。

二条城は朝廷の管理下に入り、明治4年(1871)には、京都府(※)の管轄となり、二の丸内に府庁が置かれました。尚、建物は、明治6年(1873)より陸軍省の所管となっています。
明治17年(1884)宮内省の管轄となり、名称を「二条離宮」と改め、翌年、府庁は現在の場所に移転します。

(※)
慶応4年(1868)3月、市中取締役所を京都裁判所と改称し、翌月、「京都府」に改められます。初代府知事には、長谷信篤(ながたにのぶあつ)が就きました。

南門大正4年(1915)大正天皇の即位の礼のため、新たに南門(右写真)が作られ、二条離宮は宴会場として使われました。

昭和14年(1939)二条離宮は京都市に下賜され、同市は「恩賜元離宮二条城(おんしもとりきゅうにじょうじょう)」と名を改め、翌年より一般公開を始めます。

二の丸御殿と大政奉還

二の丸御殿書院造の建造物で、遠侍(とおざむらい)、式台、大広間、蘇鉄(そてつ)の間、黒書院、白書院の6棟が東南から西北にかけて斜めに立ち並んでいます。

慶応3年(1867)10月13日、慶喜は大政奉還についての意見を求めるために各藩の重臣を二の丸御殿に招集し、翌日、大広間一の間にて大政奉還を宣言しました。

二の丸庭園

二の丸庭園と黒書院現在の二の丸庭園は、家光の時代に小堀遠州によって改修されたもので、池の中心に3つの島、北西に滝を配置し、4つの橋を架け、水際に岩石を並べています。後水尾天皇の行幸の際には、池を取り囲むように建物が建てられており、往時は中庭的な池泉式庭園だったと推測されます。

本丸御殿と本丸庭園

本丸御殿(天守閣跡から)二の丸御殿と同等の規模を誇るものでしたが、天明8年(1788)の京都大火により、焼失しています。幕末に入り、慶喜の住居として御殿の再建がなされ、庭園も作られましたが、明治14年(1881)に撤去されています。

現在の御殿は、明治26年(1893)から翌年にかけて、京都御苑にあった旧桂宮邸の御殿(※)の一部を移築したもので、その際、枯山水庭園が作られます。尚、庭園は明治28年(1895)の明治天皇の二条城行幸の後、天皇のご意向により、枯山水から芝生を主体とした庭に作り変えられました。

(※)
内裏(京都御所)の再建中は、孝明天皇の仮皇居として利用されていました。

清流園 和風庭園清流園 洋風庭園清流園

清流園は、昭和40年(1965)に完成した和洋折衷の庭園です。

池泉回遊式の和風庭園には、高瀬川一之船入にあった角倉了以の屋敷跡から移築した香雲亭と、表千家の残月亭を模した和楽庵があります。庭園には、屋敷跡の庭園から移された約8百個の庭石と、全国から集められた名石約3百個が使われています。

二条城周辺図

旧二条城

旧二条城とは、織田信長が足利15代将軍義昭のために造営した城を指し、義昭の兄で、13代将軍だった義輝の屋敷を拡張する形で造られました。当時は「武家御所」「武家御城」などと呼ばれ、それまで義昭が居所としていた本圀寺から建物を含め、多くものが移されました。

宣教師ルイス・フロイス(1532-1597)の著書『日本史』によると、永禄12年(1569)2月から工事を開始し、70日程で全容を整えたとしています。

二条城にある「旧二条城の石垣」

地下鉄烏丸線の建設に際し、烏丸下立から発見された旧二条城の石垣の一部を移転したもので、石材の一部に石仏・石碑・礎石が転用されていたことが確認されています。

二条殿と本能寺の変

二条殿は、織田信長が五摂家である二条家の邸宅を譲り受け、自らの宿泊所としたものです。

天正7年(1579)誠仁(さねひと)親王に二条殿を献上し、天正10年6月2日、本能寺(※)を宿としていた信長は、明智光秀から寝込みを襲われたため、寺に火を放ち自害します。これを「本能寺の変」といいます。

信長の後継者である信忠は、本能寺から少し離れた妙覚寺(※)を宿にしていたため、近くの二条殿に篭城します。誠仁親王は難を逃れますが、信忠は二条殿で自害しました。

(※)
その後、豊臣秀吉の命により移転します。(妙覚寺は天正11年、本願寺は天正20年)
参考文献

都市史21 二条城 - 京都市

織田信長と京都 - 公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所(pdf)

京都市教育部社会教育課『恩賜元離宮二条城』

京の記憶アーカイブ『大正大禮京都府記事關係寫眞材料』(京都府立京都学・歴彩館)

last update